ポール シフト 2019。 地球の磁場変動と反転は「信じられないほど頻繁に」起きる? : 最新の研究から判明したアフリカ地下での磁場異常の歴史が物語る「磁極の反転あるいはポールシフトの真実」

知らないと本当にマズイです。ポールシフトの現状。

2019 ポール シフト

具体的に、今回の研究で過去にこの地で磁場の異常があったと観測されるのが、それぞれ「大体」ということになりますが、 ・西暦 400 - 450年 ・西暦 700 - 750年 ・西暦 1225 - 1550年 のあいだなのだそうです。 「北磁極の動きが加速しているという事実が、より大きなエラーをもたらしやすくしています」 世界の磁気モデルを修正するために、チュリアット氏と同僚たちは、2016年の地磁気パルスを含む 3年間分の最近のデータを提供した。

It is not clear when, why and how the CIA classified Thomas book, but the fact that the CIA chose to release a declassified sanitized version in 2013 is very significant. 画 像: ポールシフトが起こると、 磁北と磁南が消滅してそして、 今までの磁北と磁南以外の別のところに局地的に磁極が発生すると予測している科学者もいます。 続く2013年の調査では、ドームC地域で150万年前の氷床が発見されたとされています。

知らないと本当にマズイです。ポールシフトの現状。

2019 ポール シフト

そして、土器が高温から冷えたときに地球の磁場の記録がそこに保持され続けるのです」と研究者の一人である、ジョン・タルドゥノ(John Tarduno)氏は説明する。

12
05月• さらに、70,000年前の氷が発見されたバード地域も紀元前91,600年のポールシフトによって温帯ゾーンから現在の南極圏内側の位置に移動したということが見て取れます。

【予言】2019以降に起きる地震や大洪水は自転減速とポールシフトが原因!?

2019 ポール シフト

進行中のポールシフトを回避するため、地球に環をつけ固定するという方法を選んだ末、広範囲な磁場の異常等いびつな環境となった地球が舞台となっている。

14
原始地球に火星大の原始惑星が衝突することによって発生し月を生成したとするですら、火星ほどの質量が衝突して地球と月を「再構成するに等しい破局」をもたらした上で、現在の地球の公転面に対して地軸を23. これにより、チャン・トーマスの理論の方がハップグッドの理論より説得力があるということが結論付けられました。 アメリカ地球物理学連合(AGU)の「ジオグラフィック・リサーチ・レターズ( Geophysical Research Letter)」に掲載された米国ロチェスター大学の新しい研究は、驚くべき現象に光を当てた。

最近の地震 ポールシフトの可能性? その①

2019 ポール シフト

代わりに、古代の陶器で語られた物語は、地球の極が別のポールシフトを受けようとしている可能性があることを示唆している。

10
これは一地域というより何らかの地球規模の変動では?と普通に思うことでしょう。 そんな中で、最近、 「地球の磁極の反転が始まる場所はここなのかもしれない」という可能性のある研究が発表され、欧米などのメディアがいっせいに取りあげていました。

ポールシフトが原因なのか?世界中で起こる猛暑・異常気象のまとめ

2019 ポール シフト

具体的には7日後の12月28日に『ポールシフト』が発生するようですね。

参考資料: 異常気象の引き金になる? 北極の磁極の移動の特徴 ・1860年以降、磁極の移動距離は 50年ごとに約 2倍ずつ増えている。

地球の磁場をめぐる急激な「ポールシフト的事象」が発生中。北極の磁極が異常なほどの速さでシベリアへ移動していることが科学誌ネイチャーで発表される

2019 ポール シフト

磁北極(じほっきょく)ともいう。

18
「ポールシフト」という天変地異が起きて地球に住めなくなるのではとザワザワしているので調べてみました!• 地球の磁場は、私たちに北極と南極の位置を与えるだけでない。

最近の地震 ポールシフトの可能性? その①

2019 ポール シフト

本来、地球の自転は遅いのと速いのを交互に繰り返していて、 速い時は地震が少なくて、遅い時に地震が頻発しますが 今は 自転が遅くなり続けているので、2013年以降は大きな地震が度々起きているんですね。 しかし、この異常気象は 日本だけではなかったのです。 ここまでです。

巨大彗星の接近によってが噴出してプレートが急速に成長し、同時に彗星と地球の磁場の相互作用によって短時間に地磁気の反転が繰り返されてその痕跡がプレートに刻み付けられる。

ヒカルランド / 超次元上昇ネオアセンション2020

2019 ポール シフト

この他にも太陽風の影響で通信システムや電力網がダウンする・火災などの被害が増えるなど大きな影響が出ると予想されています。 『』() ヴェリコフスキー説を肴にした。

ここ最近の温暖化の裏側 近年では温暖化を頻繁に取りざたされていますが、その裏側では 氷河期を予兆するような出来事が起きているのです。

地球の磁場をめぐる急激な「ポールシフト的事象」が発生中。北極の磁極が異常なほどの速さでシベリアへ移動していることが科学誌ネイチャーで発表される

2019 ポール シフト

反対に、ハップグッドの理論では南極の一部だけ長い間氷河が無かった時代があったことの説明がつきます。 参考資料:DIME ポールシフトで磁北と磁南がなくなる? まずはこちらの画像をご覧ください。

ここまで行くともう、生き残るのはムリな気がする ゜-゜ 案外影響がないのかも? ここまで書いたのは あくまで予測です。