艦これss 死亡。 【艦これ・榛名SS】提督「助けてくれ」

胸糞・鬱 : なのです速報~艦これSSまとめ~(1)

死亡 艦これss

でもそれくらい真剣に鎮守府と提督を想っているということでしょう?」 龍驤「んー……ちょい待ち、来よった! 五時の方向、一直線に鎮守府に向かっとる! 艦種は……あかん、戦艦、空母、重巡に鬼や姫までおる!」 扶桑「私も確認したわ。 」 そして祥鳳は微笑んだ あれから3ケ月後、大本営から、あるプロジェクトが施行された 【ケッコンカッコカリ】である 提督「榛名!本当にすまない!!」 そこには土下座していた提督と、金剛型4姉妹がいた 榛名「て、提督!頭を上げてください!榛名は大丈夫ですから。

5
おっぱいっていうのはただの筋肉の塊なの」 提督「筋肉?脂肪じゃないのか?」 雷「もちろん脂肪も入っているわ。

【艦これ・榛名SS】提督「助けてくれ」

死亡 艦これss

詳しく知りたい方はググってね。 艦隊の配置もそろそろ終わるわ」 長門「電撃決戦、か。 憲兵を、俺が汚す訳にはいかない」 妖精「じゃあ……!」 提督「もういい、もういいんだ。

おっぱいフィナーレ(商品名です。 むしろのよく頑張った方だと思うが。

元帥「提督君には死んでもらうから」

死亡 艦これss

ウォーリーより探すの難しいぜ、これは」 時雨「そっか、これだけ探して皆で情報を共有してもまだ探していない場所があるのかな……」 江風「なー漣サン、毎度毎度思うンだけどその小川ってのはもしかしなくても」 漣「もち、小川こと江風ことカワさんのことだけど?」 江風「やっぱか、もうちょいどーにかなンないの? ってか何で小川」 漣「小っちゃい川内さんっぽいから小川」 江風「せめて呼び捨てるかカワさんにしておくれよ」 時雨「2人共、無駄話してる暇があるなら足を動かすか目を動かそうか?」 時雨「ところで漣、曙は? 一緒じゃないの?」 漣「さっきまではね、でも追い付けないくらい全速だし全力だから分かれた方がいいかなって」 江風「そんなになのかよ……何がそこまであの人を駆り立てるんだ?」 漣「うーん……」 時雨「それはきっと、」 曙「随分、悠長ね、アンタら」ゼーハー 漣「おおう、噂をすればぼのやんだ」 時雨「本当だね……でも大丈夫? 息が上がってる、余程本気みたいだけど」 曙「うっさい、あの馬鹿を、見つけるのは私だから」ゼーハー 江風「いやっ、てか何で薄着……」 曙「走って、たら暑くなって、それで」ゼーハー 漣「汗もすげーよぼのやん……風邪ひくよ? 部屋戻ってコート着てくるか、もう休むかしたらどーよ? どう足掻いたって健康が第一だぜ?」 曙「……流石に体力も限界だし、そうする、後は適当に任せたから」フラフラ 江風「……意外にアッサリ退いたな?」 時雨「流石に身体を壊しちゃ元も子もない、と思ったのかな」 漣「ところでさ、しぐりんはさっき何を言いかけたん? きっとー、何?」 時雨「ん、ああ、それは曙のみが知ることだろうねって、ありきたりなことをね」 第七駆逐隊の部屋へと続く道中—— 白露「あれ? 曙? どしたの?」 叢雲「ちょっと、アンタ具合悪いの?」 曙「いや、ちょっと疲れたのと寒いのとで……」 叢雲「そりゃそんな薄着じゃ寒いに決まってるじゃない? 今何月だと思ってるのよ?」 白露「ま、ま、抑えて抑えて。 髪まとめ直すから」 漣「ポニテも似合っちょるのに」 曙「いつものじゃないと気分が出ないのよ……あっ、とと」ポロッ 漣「上着も忘れちゃダメやでぼのやん。

12
いや、海軍と言うより艦娘提督という特殊な役職に限った話か。 生命の躍動が足りない、と先ほど提督はおっしゃいました。

提督「私が戦死したドッキリ」

死亡 艦これss

さっき出て行った第五遊撃部隊の顔を見たか?」 陸奥「吹雪ちゃん達のところね。

7
潮、頼めるか?」 潮「……て、提督が頑張ってらっしゃるのですから、私もご協力いたします!」 提督「ありがとう。 」 暫し浸かった後、私は脱衣場へ向かった 離島棲鬼「待っていました。

【艦これ・榛名SS】提督「助けてくれ」

死亡 艦これss

以上、通信終わり」 提督「……やれやれ、本当に忙しい一日だったな」 大淀「ええ、まったくです。 」 提督「さぁ、帰ろう。

12
先輩に敬意を払う必要も理不尽な怒声も無い、パラダイスだ。 ) 目を覚ました所は、大浴場だった 外壁は黒曜石で出来ており、蛍光緑の照明が怪しく光っていた 浴槽には氷のように冷たい水が張っていた (でも. 破産まではしないだろうけど、アンタの懐がどれだけ寒くなろうと私の知ったことじゃない」 提督「くっ……要求はなんだ、言ってみろ」 曙「椅子に縛り付けられたりとかならまだしも、ベッドの下で這いつくばってると全く様にならないわねその台詞」 提督「うるせー!」 曙「まあいいわ、匿ってあげる」 提督「へ」 曙「部屋に鍵かけて行けば誰も入ってこれないし安全でしょ。

ハーメルン

死亡 艦これss

ま、十数人分くらいのスペシャルな要求でも構わないわよね?」 提督「えっ」 曙「滅多にない機会だからねー、たっぷり悩まさせてもらいましょうか」ニヤニヤ 提督「財布の紐握られた夫か彼氏ってこんな感じなのかな……おのれ小悪魔……」 曙「何言ってんの、アンタはATMよ」 提督「もっと酷かった」 ———— —— 提督「で、いつの間にやら残り30分な訳だ。 諦めずに探そう』 提督「そこでこの件は終わりに見えた……しかし不確定要素があったんだ」 妖精「まさか……」 提督「そう、白露だ。 私、頑張りますから、少しだけ待っててください。

14
落ち着いて聞いてほしい。

【艦これSS】潮「提督がトラウマ?」【雷・電】

死亡 艦これss

あのバカ提督、オレ達には心配させるくせに、自分が心配させられると怒りやがるからさ」 睦月「そうだよ如月ちゃん……早く戻ろう?」 如月「……そう、よね。 早速出撃してください。

8
」 北上「」フフフーンフーン 提督「おっ北上じゃないか」 北上「おー てーとくー なんかあった? 何、提督にはキツく言ってやるさ。

【艦これ】色んな鎮守府の日常【SS】

死亡 艦これss

勝利に沸き立ち士気を高めるのは構わない、しかし「楽勝」と敵を侮って慢心するのは頂けない。 敵の、戦艦棲姫を討ち取ったぞ……鬼どもも、皆が倒してくれた』 提督「ご苦労さん、一旦引いて体を休めてくれていいぞ」 長門『心配ない、と言いたいところだが難しいな。

5
私たちにできることは固定砲台として、敵が来たら叩き潰すまで。 渡っちゃうっぽい」タタタ 提督「ちょ」 そのまま渡りきる夕立と横断歩道に進入出来なかった提督 夕立「てーとくさーん!急いでー! しかし、ここに留まらねばならんのは口惜しいものだ。

艦これ ~提督ドッキリの災難と非難~

死亡 艦これss

そろそろお昼よ。 これで鎮守府は予備隊を残して文字通りもぬけの殻ですね」 提督「こちら提督、全艦隊に告ぐ! 驚く者も多いだろうが悪いが後にしろ!」 提督「こっちは轟沈なし、敵は姫と鬼を残して壊滅。

」 提督「今日の秘書艦は…」 大淀「島風ちゃんですね」 明石「出番もはっやーい」• 121• 前線に出るのは難しいかしら) 赤城(誤情報による敵部隊のかく乱。 ちゃんとしてくだち」 加賀「は、はいっ! すみません!」 伊58「じゃあ、明日の作戦もあるだろうし、休むでち」 加賀「ありがたき幸せッッ!!」 瑞鶴「……」 加賀「あんた何してるのっ! 今から補給に向かうゴーヤさんに敬礼しなさい!」 瑞鶴「え、ええ? なんでよ。