トップ ニュース。 年末材料株ラリーに新たな潮流、「AI関連復活の5銘柄」に刮目 <株探トップ特集>

Yahoo! JAPAN

ニュース トップ

株探ニュース. の普及やIoT社会が発展を遂げるなかで、やなどの新たに立ち上がってきた次世代産業だけでなく、金融、不動産、流通、医療、食品など、既存のトラディショナルな産業においても付加価値やサービスを生む強力な技術基盤としてAIの導入が進んでいくことになる。 同社株にとって4ケタ大台ラインは滞留出来高が多く強力なフシ目として意識されてきたが、ここを上抜けば一気に視界が開ける。 足もと米中摩擦が再び先鋭化する気配を漂わせているが、その底流にはAI覇権が絡んでいるといっても過言ではない。

株探ニュース. また、DX時代を迎え、人材が払底しているデータサイエンティストの育成で先駆しており、その強みを今後もいかんなく発揮しそうだ。 米国ではIBMを筆頭にマイクロソフト、グーグル、インテル、エヌビディアなどAI分野の巨人がひしめくが、中国は国家を挙げて同分野に重心を乗せている。

年末材料株ラリーに新たな潮流、「AI関連復活の5銘柄」に刮目 <株探トップ特集>

ニュース トップ

AI大国として一頭地を抜いていた米国の地位が中国におびやかされているからだ。 ファーウェイ問題などもこうした事情が絡んでいる。

AIを活用した企業向けビッグデータ分析などアナリティクス事業を軸に、ソリューション事業やマーケティングプラットフォーム事業も展開。

「日経225先物」手口情報(4日夜間) 野村証券買い越しトップ、12月限684枚

ニュース トップ

JAPANトップページの機能を正しくご利用いただくには、下記の環境が必要です。

19年12月期は24%増収を達成、20年12月期も会社側非開示ながら大幅増収が有力視される。 【サイバネットはCAEソフトで新境地開拓】 サイバネットシステム の900円台後半のもみ合いは4ケタ大台を前に仕込み場を提供している。

「日経225先物」手口情報(4日夜間) 野村証券買い越しトップ、12月限684枚

ニュース トップ

世界でもAIを巡る覇権争いが水面下で活発化している。 20年4-9月期は営業38%減益と落ち込んだが、これは新型コロナの影響が直撃した航空業界向けコンサルなどが大きく足を引っ張ったもの。

13
これは新型コロナワクチン開発に対する過度な期待の剥落が要因として挙げられるが、株価調整の口実に使われた意味合いが強い。 直近では11月19日に伊藤忠商事 との資本・業務提携を発表しており、これがマーケットの注目を誘った。

年末材料株ラリーに新たな潮流、「AI関連復活の5銘柄」に刮目 <株探トップ特集>

ニュース トップ

その答えはデジタル社会の加速的な進展である。

アフターコロナの世界はコロナ禍で苦境に立たされる前の景色とは明らかに違うものとなる。 AIは水のようにさまざまに形を変えてあらゆる産業に浸透し、時に融合してイノベーションの原動力となる。

Yahoo! JAPAN

ニュース トップ

また、コロナ禍で対応のクラウド製品を含むセキュリティーソリューションが伸びている。

15
自社開発のソフトでネット環境の自動監視・制御を行っており、自動制御プラットフォームの導入料金と月額で支払われるサービス使用料金などを主力としている。