因数 厚į†ã€‚ 因数厚į†ãžã¨ã‚īŧˆå…Ŧåŧãƒģč¨ŧ明ãƒģå•éĄŒīŧ‰

因数厚į†ã‚’åŗį†č§Ŗīŧįĩļ寞įŸĨãŖãĻおくずきäŊŋい斚もį´šäģ‹īŧīŊœéĢ˜æ Ąį”Ÿå‘け受験åŋœæ´ãƒĄãƒ‡ã‚Ŗã‚ĸ「受験ぎミã‚Ģã‚ŋ」

厚į† 因数

よãŖãĻ、 これãĢ をäģŖå…Ĩすると、 とãĒりぞす。

16
æŦĄãŽįĢ ã‹ã‚‰ã¯ã€å› æ•°åŽšį†ãŽå…ˇäŊ“įš„ãĒäŊŋい斚をå­Ļįŋ’しãĻいきぞしょうīŧ īŧ“īŧšå› æ•°åŽšį†ãŽå…ˇäŊ“䞋そぎīŧ‘ では、因数厚į†ã¯æ•°å­ĻãŽå•éĄŒã§åŽŸéš›ãĢおぎようãĢ刊į”¨ã™ã‚‹ãŽã§ã—ょうかīŧŸ æœŦįĢ ã§ã¯ã€å› æ•°åŽšį†ãŽå…ˇäŊ“äž‹ã‚’čĻ‹ãĻいきぞす。

æ–šį¨‹åŧãŽæœ‰į†æ•°č§Ŗ

厚į† 因数

ぞとめ äģŠå›žã¯å‰°äŊ™ãŽåŽšį†ã¨ããŽį‰šåˆĨãĒ場合ぎ因数厚į†ã‚’å­Ļįŋ’しぞした。 一斚ぎâ€ĸ よãŖãĻ、 ぎč§Ŗは、 であることがわかりぞした。 䞋えば、 ぎ æŦĄæ–šį¨‹åŧãŒæœ‰į†æ•°č§Ŗ īŧˆãŸã ã— īŧ‰ã‚’もつとき、斚į¨‹åŧã¯ ã¨čĄ¨ã™ã“ã¨ãŒã§ããžã™ã€‚

12
ã“ã‚Œã‚’åą•é–‹ã—ãŸã¨ããŽæœ€éĢ˜æŦĄãŽé …ぎäŋ‚数と最äŊŽæŦĄãŽé …īŧˆåŽšæ•°īŧ‰ã¯ãã‚Œãžã‚Œã€ とãĒり、 はそれぞれ、最éĢ˜æŦĄãŽé …ぎäŋ‚数ぎį´„数と最äŊŽæŦĄãŽé …īŧˆåŽšæ•°īŧ‰ãŽį´„数であることがわかりぞす。

因数厚į†ã‚’åŗį†č§Ŗīŧįĩļ寞įŸĨãŖãĻおくずきäŊŋい斚もį´šäģ‹īŧīŊœéĢ˜æ Ąį”Ÿå‘け受験åŋœæ´ãƒĄãƒ‡ã‚Ŗã‚ĸ「受験ぎミã‚Ģã‚ŋ」

厚į† 因数

äģĨ上が因数厚į†ãŽč¨ŧ明ぎč§ŖčĒŦãĢãĒりぞす。 äģĨ上が因数厚į†ãĢついãĻぎč§ŖčĒŦです。

6
を因数分č§Ŗせよ ã¨ã„ã†å•éĄŒãŒã‚ã‚‹ã¨ã—ãžã™ã€‚ 因数厚į†ãŽčĒŦ明ぎおわりãĢ æ…ŖれãĻくるとéĢ˜æŦĄæ–šį¨‹åŧãŽå„項ぎįŦĻåˇã¨įĩļ寞値をčĻ‹ãŸã ã‘で、 とãĒる ぎ値がäŊ•ãĢãĒã‚Šãã†ã‹ã€æ¤œč¨Žã‚’ã¤ã‘ã‚‹ã“ã¨ãŒã§ãã‚‹ã‚ˆã†ãĢãĒãŖãĻいきぞす。

因数厚į†ã‚’パパッとį†č§Ŗīŧå› æ•°ãŽčĻ‹ã¤ã‘æ–šã¨å•éĄŒãŽč§Ŗき斚もį´šäģ‹

厚į† 因数

整åŧãŽå‰˛ã‚ŠįŽ—を少し思いå‡ēしぞしょう。

äģŠå›žã¯ãžã ã§ããã†ã§ã™ã­ã€‚ ã§ã¯ã€å…ˇäŊ“įš„ãĢはおぎようãĢ因数厚į†ã‚’因数分č§ŖãĢæ´ģį”¨ã—ãĻいくぎでしょうかīŧŸäž‹ã‚’挙げãĻãŋãĻいきぞしょう。

【éĢ˜æŦĄæ–šį¨‹åŧã€‘因数厚į†ãĢついãĻ

厚į† 因数

æŗ¨į›Žã™ã‚‹å¤‰æ•°ã‚’変えれば、各変数ãĢついãĻ同様ぎä¸ģåŧĩが成りįĢ‹ã¤ã€‚ こぎ因数ぎčĻ‹ã¤ã‘æ–šãĢついãĻぎよりčŠŗしいč§ŖčĒŦは、äģĨ下ぎãƒĒãƒŗク先ãĢあるぎで気ãĢãĒる斚は是非čĒ­ã‚“でãŋãĻくださいね。

2
因数厚į†ã¯é“å…ˇã¨ã—ãĻäŊŋえるようãĢ 因数厚į†ãŒãƒĄã‚¤ãƒŗãŽå•éĄŒã¯å‡ēéĄŒã•ã‚ŒãŸã¨ã—ãĻもせいぜい小問集合ぎ一つ。 しかし、éĢ˜æŦĄæ–šį¨‹åŧãŽč§Ŗぎ値がåŋ…čĻã¨ã•ã‚Œã‚‹å•éĄŒã§ã¯ã€ とãĒる ぎ値はį°Ąå˜ãĒ整数値īŧˆč˛ ãŽæ•°ãŽå ´åˆã‚‚ありぞすīŧ‰ãĢãĒるようãĢå•éĄŒãŽäŊœæˆč€…ãŒč¨­åŽšã—ãĻくれãĻいぞす。

因数厚į†ã‚’åŗį†č§Ŗīŧįĩļ寞įŸĨãŖãĻおくずきäŊŋい斚もį´šäģ‹īŧīŊœéĢ˜æ Ąį”Ÿå‘け受験åŋœæ´ãƒĄãƒ‡ã‚Ŗã‚ĸ「受験ぎミã‚Ģã‚ŋ」

厚į† 因数

というわけで原際ãĢ整åŧãŽå‰˛ã‚ŠįŽ—をせずともあぞりをå‡ēす斚æŗ•ã‚’čĒŦ明しぞす。

ã‚Ēã‚ˇãƒĒぎį´„数ぎ個数ãĒんãĻ大äŊ“は指で数えられるį¨‹åēĻしかãĒã„ãŽã§ã€č™ąæŊ°ã—æ–šåŧã§å› æ•°ã‚’æŽĸしåŊ“ãĻるよりもäŊœæĨ­é‡ã¯åœ§å€’įš„ãĢ削減できぞす。

因数厚į†ãŽč¨ŧ明とäŊŋい斚、įˇ´įŋ’å•éĄŒãžã¨ã‚

厚į† 因数

「čĻ‹ã¤ã‘る」というäŊœæĨ­ã¯ã€å› æ•°åˆ†č§Ŗぎたすきがけと同じ感čĻšãĢãĒりぞす。

12
æŦĄãŽįĢ ã§ã¯ã€ãĒぜ因数厚į†ã¯æˆã‚ŠįĢ‹ã¤ãŽã‹īŧŸãŽč¨ŧ明īŧˆå› æ•°åŽšį†ãŽč¨ŧ明īŧ‰ã‚’č§ŖčĒŦしãĻいきぞす。

因数厚į†ãžã¨ã‚īŧˆå…Ŧåŧãƒģč¨ŧ明ãƒģå•éĄŒīŧ‰

厚į† 因数

因数ぎčĻ‹ã¤ã‘æ–šã‚’čĻšãˆãĻおけば、すぐãĢ因数をčĻ‹ã¤ã‘られるようãĢãĒã‚‹ãŽã§ã€ãœã˛čĻšãˆãĻおいãĻください。 因数厚į†ã¯3æŦĄäģĨ上ぎ多項åŧã‚’因数分č§ŖするぎãĢåŋ…須ぎ厚į†ã§ã™ã€‚ つぞり は ã§å‰˛ã‚Šåˆ‡ã‚Œã‚‹ãŽã§ã€åŽŸéš›ãĢå‰˛ã‚ŠįŽ—ã‚’čĄŒã†ã¨ã€ とãĒりぞす。

13
あぞりがãĒいということはある意å‘ŗで åŗčžēはåˇĻčžēぎ因数分č§ŖぎåŊĸãĢãĒãŖãĻいるぎがわかるでしょうか。

æ–šį¨‹åŧãŽæœ‰į†æ•°č§Ŗ

厚į† 因数

こんãĒéĸ¨ãĢ商とあぞりを一æ—ĻįŊŽã„ãĻあげることはこれから先も重čĻãĒテクニックですぎでčĻšãˆãĻãŠãã¨č‰¯ã„ã§ã—ã‚‡ã†ã€‚ 文字ばかりでわかりãĢくいと思うぎで、先ãģãŠãŽäž‹éĄŒã‚’äŊŋãŖãĻå…ˇäŊ“įš„ãĢやãŖãĻãŋぞしょう。 因数厚į†ã§å› æ•°ã‚’čĻ‹ã¤ã‘ãŸã‚ã¨ã¯ã€éšæ™‚å‰˛ã‚ŠįŽ—ãƒģ因数分č§ŖしãĻいくようãĢしぞしょう。

æ…ŖれãĒã„ã†ãĄã¯åœ°é“ãĢ計įŽ—し、そぎ過į¨‹ã§ã‚ŗãƒ„ã‚’ã¤ã‹ã‚“ã§ã„ã‘ã‚‹ã¨č‰¯ã„ã¨æ€ã„ãžã™ã€‚