蛍光 灯 製造 中止。 蛍光灯が生産中止に!

蛍光灯の製造は中止にはなりません。今後はどうなる?

製造 蛍光 中止 灯

「白熱球をトップランナー制度に適応する」という政府発表は、白熱球の淘汰を意味し、それは白熱球の製造販売を実質禁止することとイコールなのです。

6
少しだけお知らせです! オノライティングは照明専門商社なのですが、現在はLEDへの交換工事も含めてお客様にご提案しております。

蛍光灯の生産が終了したら、どうしたらいいの?

製造 蛍光 中止 灯

また、詳細については今後政府、官公庁、有識者、メーカー、ユーザー等の関係者が協議を進めていく中で定められます。 。 しかし、今回「蛍光灯の生産が終了する」と言われているのはなぜでしょうか。

6
そしてこの記事が削除されていると私が確認したのは2016年12月14日ですので、12月08日から6日間の間に消されてたことになります。

パナソニックが蛍光灯照明器具の生産終了を発表!新トップランナー制度の影響がじわり

製造 蛍光 中止 灯

しかし、 LEDの価格はここ数年で急激に下がってきており、近年では白熱灯の10倍程度と言われる程です。

19
日立アプライアンスも2012年から蛍光灯器具の新製品を出していません。 そして最後に、政府の動きと一体の、を付けた大企業Panasonicですが、以下の記事のように >パナソニックは26日、国内で販売するオフィスなどの照明器具について、2019年3月までに蛍光灯をやめ、すべてLEDに切り替える方針 を公表しています。

2020年に蛍光灯・水銀灯の生産終了に備えてLEDを導入しよう

製造 蛍光 中止 灯

こういった背景から、大手メーカーは需要があったとしても、例え微量の水銀であるとしても環境保全のために自主規制をするという選択を取りました。 LED電球をまずは知ろう[事業者の場合] 事業者 の 方へは、すでに 設備系の営業の 方から、お声がかかっていることと思いますので多くは触れませんが、工事 が 必要であれば、配線 や 天井設備 、排熱設計 などハード面 との 兼ね合いも 発生しますし、LED化への移行時期 についても 綿密な 計画が必要となります。

4
製造業者等(つまりメーカー)にとって、照明器具としてLED以外を売る意欲がそがれたわけですね。 各パーツの技術力が低ければ、当然寿命は短くなります。

蛍光灯の生産が終了したら、どうしたらいいの?

製造 蛍光 中止 灯

60W未満の3波長蛍光体を使用したもので、水銀封入量が5mgを超えるもの• これが巡り巡って人間の体内に入り込み、体内に蓄積されていくと肝臓や脳、胃に悪影響がある他、妊婦が摂取すると胎児にも影響が出ると言われているのです。 LEDが売れるなら、蛍光灯を販売し続けるメリットはあまりないとも言えます。 LED社会への移行に歯止めをかけるためにも、「白熱球の製造販売を禁止に反対する!」という声は必要です。

4
政権の方向性を変えさせる必要があるのです。 次に1年続けて使用した場合の電気料金ですが、60Wの白熱灯が どれだけたくさんの電気を消費するのが、よく分かりますね。

【改正】白熱灯・蛍光灯が製造中止?【2020年問題とは?】

製造 蛍光 中止 灯

また、蛍光灯の省エネ性能は非常に高く、蛍光灯を全廃しても政府が求める二酸化炭素の低減にそれほど寄与しないと言われています。

13
追記:蛍光灯の製造禁止は誤報であるという記事がネットで多く見られました。

蛍光灯が製造中止! 環境省なぜ?

製造 蛍光 中止 灯

むむっ!掘り下げてみたものの、横文字が多くて難しいですね。 実際に製造が完全に0になるのかというと、実際はまだそこまで細かな内容が決まったわけでもなく、ただただあいまいに「製造数が減る」というニュアンスのままです。 と企業側に圧力をかけている事実を謳い、増してや >消費者に対しては強制的にやめさせることは、もちろんしていません。

7
具体的には 乗用自動車、貨物自動車、エアコンディショナー、テレビジョン受信機、ビデオテープレコーダー、蛍光灯器具(電球形蛍光ランプ含)、複写機、電子計算機、磁気ディスク装置、電気冷蔵庫、電気冷凍庫、ストーブ、ガス調理機器、ガス温水機器、石油温水機器、電気便座、自動販売機、変圧器、ジャー炊飯器、電子レンジ、DVDレコーダー、ルーティング機器、スイッチング機器、複合機、プリンター、ヒートポンプ給湯器、三相誘導電動機、電球形 LED ランプ、断熱材、サッシ、複層ガラス です。

蛍光灯が製造中止! 環境省なぜ?

製造 蛍光 中止 灯

といっても、この「白熱球の製造販売を禁止がデマ」というのは、「白熱電球の生産販売中止」と報道された2015年11月の翌月の12月にはデマだったという情報があふれたようです。 だから 「トップランナー」制度なのですね。 ただし、 前述したとおり、LEDは、とても 進歩 の 早い分野なので、必ず 最新のトレンド を 確認することを お勧めします。

20
次に点灯日数ですが、1日6時間点灯した場合の比較をしてあります。 書き出しは次のようなもの。

パナソニックが蛍光灯照明器具の生産終了を発表!新トップランナー制度の影響がじわり

製造 蛍光 中止 灯

」これがトップランナー制度に白熱球を適応するという意味なのです。 。

2
ですからLEDによって大衆に疾患が生まれて当たり前である環境にされていることも大きな問題です。